ソーシャルレンディングおすすめの方法

ソーシャルレンディングは市場での売買がないために、市場価格変動というリスクがありません。
そういう意味で手堅い投資方法と考えられています。
それでも、リスクはあります。
ソーシャルレンディングで考えられるリスクは、配当が予定通り得られなくなること。
もう一つは元本が保証されていなことです。
こういったリスクを回避する方法が分散投資です。

まずは、ソーシャルレンディング事業者を分散することから始めます。
分散するといっても、どこでも分ければいいというものではありません。
親会社、提携会社、大株主などの背景をしっかり確認しましょう。
資金規模の大きい親会社が付いているところは比較的安全かもしれません。
また、親会社や提携会社が株式上場しているということも一つのめどになります。
株式上場している会社はたとえ子会社と言えども、コンプライアンス違反や運営ミスなどがあれば株価に影響します。
したがって、子会社や提携先にも厳しく目配りをするからです。

また、どの銀行の口座をつかうのかということも大切な確認事項です。
できることなら、あなたの口座がある銀行にした方が、入出金の手数料を節約することができます。

事業者を分散すれば自動的に案件が分散されてきます。
ところが、せっかく案件を分散したと思っているのに、融資先が同じ場合があります。
これでは、リスクが分散できたことにはなりません。
現状の貸金業法では、ソーシャルレンディング事業者は融資先を公表してはいけないことになっています。
事業者によっては、融資先をアルファベットで表示して憶測できるようにしているところもあります。

案件をはっきり分散させたい場合には、業種を分散する方法があります。
不動産事業の場合には、案件に担保が付いている場合が多いので、担保付案件ばかりを狙っていては、不動産事業ばかりを狙うことになりかねません。
経済情勢によっては、その業界すべてが不景気に見舞われることもあります。
そういったリスクから逃れるためには、業種の分散は大切なことなのです。

業種を分けようとするとおのずから条件も違ってきます。
担保がついて高利回りとあれば大変魅力的ですが、そんな条件を付けてまで融資を受けたい事業、そんな条件を付けなければ融資が受けられない事業とはどのようなものなのかという憶測もしてみましょう。
どんな投資でもハイリスクハイリターンです。
好条件がそろっている案件はリスクの高い事業内容だということも念頭におくことが大切です。