ソーシャルレンディングの特徴

ソーシャルレンディングの特徴は、インターネットを使ったマッチング事業だということです。
個人投資家と、融資を受けたい企業をマッチングさせる事業です。
マッチングという意味では婚活サイトとよく似ています。
インターネットを介して、利害関係が一致する人同士を結びつけるというところが最も大きな特徴です。

婚活サイトと違うところは、1対1の関係を作るのではなく、複数の投資家対1企業を結び付けることです。
複数の投資家の小口資金を集めて融資をうけたい1企業とを結びつけます。
小口資金を大きな資金にまとめ上げて1企業に貸し付ける仕事をしているのが、ソーシャルレンディング会社です。
ソーシャルレンディング会社は、融資をして金利を受け取る貸付業者の仕事と、小口投資家の資金を集めて運用利益を配当として配分する二つの仕事をしている会社です。

ソーシャルレンディングの金融商品としての特徴は、市場で売買されずに融資利息だけが利益になるという点です。
この特徴があるためにソーシャルレンディングは比較的リスクの少ない投資だといわれています。
一方で、この特徴があるために、ソーシャルレンディングではいわゆる大儲けはできません。
しかし、現状日本では貸し倒れ実績もないため、高収益の投資方法として注目されています。

ソーシャルトレーディング会社は比較的新しい企業が多く経営体質は脆弱な部分があります。
しかし、会社概要をチェックしてみると、大企業の子会社だったり、大企業と提携関係にあったりして、けっこう大きなバックが付いていることが分かります。
そういう意味では、新興の会社の割にはしっかりしているところが多いのも事実なのです。

そういう大企業がなぜわざわざ、ソーシャルレンディングに参入するのでしょうか?
日本には中小企業や零細企業がたくさんあります。
しかし、銀行はなかなかこういった企業に融資をしません。
そこで銀行が取りこぼしている融資事業を展開するのにソーシャルレンディングは都合のいいシステムだったのです。
そのため、銀行でできないタイプの融資をするのがソーシャルレンディングの特徴です。

多少高金利だけれども、審査基準が緩く、また、迅速な融資がソーシャルレンディングの特徴であり魅力でもあります。
また、銀行では小口の資金はせいぜい定期預金にする程度でしか運用できませんが、ソーシャルレンディングなら融資事業に参加して効率のいい投資ができるのです。
ソーシャルレンディングの特徴は銀行ではできないことができるというところにあります。