REITのリスク

REITは投資信託の一種ですが、投資対象は不動産に特化されています。
投資家が直接不動産に投資するのではなく、不動産投資法人に投資家が投資するものです。
投資家を募集する不動産投資法人は、もちろん不動産投資の専門家です。
投資家が個人的に不動産投資するよりはリスクが少ないと考えられます。

また、投資家が直接不動産に投資した場合には、簡単に売買するわけにいきませんが、REITは金融商品なので市場で売買することができます。
もちろん、リスクは存在します。
投資信託なので市場で売買されます。
投資信託としての市場価値の増減はそのままリスクとなって投資家に影響します。
元本割れの可能性は十分にあり得ます。

この市場価格に影響を及ぼすのが、不動産そのものの市場価値です。
不動産の価値は、その不動産の立地条件や建物の老朽化などで変化していきます。
新しくてきれいなうちは賃料も順調に上がるかもしれません。
でも老朽化すれば賃料収入も落ち、修繕費もかかるようになります。
それでも、近所にショッピングセンターや公的な施設など人を集める施設ができればまた不動産価値は上昇するかもしれません。
また、道路建設などがあれば不動産価値は飛躍的に上昇します。
不動産の価値は周辺状況などで大きく変化します。

また、投資法人が、その不動産を買うときに銀行からの融資を受けていれば金利の変動がその不動産の収支に影響を及ぼします。
一般的に金利は景気が良くなれば上がります。
景気動向も注視しなければなりません。
不動産投資は、数ある投資の中でも最も長期的な展望の必要なものの一つです。

不動産投資で最も大きなリスクが地震や火災による被害です。
どちらも保険が掛けられているとは言うものの完全に損失が補てんされるかどうかは分かりません。
補てん率が高い保険ほど保険料も高く、不動産収支を圧迫するものになるかもしれません。

その不動産投資法人が経営不振になると分配金が減ってしまいます。
経営不振が表面化すれば投資信託としての市場価値も激減します。
また、REITの投資対象である不動産投資法人が、上場廃止になった場合には、投資信託としての市場価値は激減してしまいます。

このほかにも、REITの収益に関する税制の変化もリスクの一つです。
REITは日本では歴史の浅い金融商品なので法的な変化も十分あり得るのです。
リスク管理という面から見ると、資金をREIT一本に集中させてしまうのは危険かもしれません。